はりきゅう治療

急性期による痛みの改善と深い筋肉へのアプローチに有効

鍼治療には沈痛作用の即効性があります。酷い炎症を伴う痛みを有した方に対して、患部を手技で刺激する身体的アプローチはできません。こうしたときにこそ鍼治療は有効です。
また、鍼は施術の仕方により身体の深い部分に作用しますので、手技により施術が届きにくい筋肉、深くまで凝り固まってしまった筋肉へのアプローチにも非常に有効です。
こうした急性期の痛みの緩和には、電気鍼を使用します。

自律神経の乱れによる内臓や循環器の不調に

冷え性や高血圧など特に内臓系に自律神経の乱れを抱える方の体質改善の目的で、鍼を使う場合は多くあります。
自律神経の乱れは、長くストレスなどを受けた結果による誤作動です。鍼は神経に効果的に刺激を与えることができ、刺激(治療)の仕方でその誤作動を正常に戻すことができます。
ただ、長い年月をかけて身体が覚えてしまった誤作動は、なかなかすぐに改善はされません。したがって、鍼治療による体質改善を図るためには、回数も期間も必要になります。
こうしたことから、当院では鍼治療による体質改善に関しては、保険治療で対応させていただいております。

鍼灸保険治療料金

初診の方
  1割 3割
鍼・灸どちらかをされた場合 300円 880円
鍼・灸を両方された場合 320円 960円
再診の方
  1割 3割
鍼・灸どちらかをされた場合 130円 400円
鍼・灸を両方された場合 160円 470円

 

健康保険を使って鍼治療を受けるには、病院で医師の診察を受けた上で医師の「同意書」が必要となります。ご不明な点についてはスタッフまでご気軽にご相談ください。

鍼治療を受けるまでの手順
  • 1当院に「保険で鍼治療を受けたい」とご連絡をお願いします。当院にて保険治療を申し込むための「同意書用紙」をお渡しします。
  • 2保険治療の同意書をかかりつけの医師、病院などに持参し、必要事項を記入していただきます。
  • 3保険治療の同意書と保険証と印鑑を持って当院にお越しください。
    これにより、保険適用による鍼灸治療を受けることが可能になります。

WHO(世界保健機構)では、次の疾患にはり灸治療が適応であることを認めています。

神経系疾患 神経痛・神経麻痺・脳卒中後遺症・自立神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
運動系疾患 関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
循環器系疾患 心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
呼吸器系疾患 気管支炎・喘息・風邪及び予防
消化器系疾患 胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
代謝内分泌系疾患 バセドウ氏病・糖尿病・通風・脚気・貧血
生殖、泌尿器系疾患 膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
婦人科系疾患 更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
耳鼻咽喉系疾患 中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎
眼科系疾患 眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
小児科疾患 小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

当院の鍼治療は痛くありません

鍼灸というと、痛そうなイメージをお持ちの方も少なくないようです。しかし使用している鍼は0.20mm前後という非常に細いもので、髪の毛と変わらない太さのため、ほとんど痛みは感じません。
感染症対策にも十分に配慮しており、使い捨ての鍼を使用するなど、安心して施術を受けていただける環境をご用意しています。
お灸の熱さに苦手意識をお持ちの方もいらっしゃいますが、熱さの調節や、痕をつけないようにすることも可能ですのでご相談ください。
鍼灸は腰痛、肩こり、四十肩、関節の痛み、神経痛などの症状に有効であり、自律神経やホルモンバランスのコントロール、免疫力アップ、自然治癒力の向上にも高い効果があります。

ワンポイント!鍼灸Q&A

Q

鍼で感染することはありませんか?

A

当院では使い捨ての鍼を使い、一度の施術で全て廃棄しています。
感染の心配はありませんのでご安心ください。

Q

鍼灸を受けた後にお風呂に入れますか?

A

入浴すること自体は問題ありません。しかし鍼灸は体のツボを刺激し、その反応によって効果を引き出すものです。鍼灸の施術を受けた後にすぐに入浴してしまうと、全身に温熱刺激が入ることで充分な効果が得られない場合があるため、施術後2時間ほどは入浴を控えることをお願いしております。
施術後の入浴に不安があるという方は、お気軽にご相談ください。

Q

生理中でも受けられますか?

A

月経期間中でも問題なく施術を受けることができます。
患者様の中には、生理痛を和らげる為にあえて月経期間を選んで来院される方もいらっしゃいます。
症状によっては、月経周期の状況や体調を考慮した上で施術を行うこともあります。

当院のアプリをはじめました
当院のアプリをはじめました

アプリだけの限定サービスや便利な機能をご利用いただけます。あなたのスマホにインストールしてお使いください。

  • Apple StoreApple Store
  • Google PlayGoogle Play
    • Download on the App Store
    • GET IT ON Google Play
    • Download on the App Store
    • GET IT ON Google Play

Apple Store・Google Play ストアで検索