安井式産後骨盤矯正

産後の腰痛は骨盤の開きが原因

「今まで腰痛がなかったのに、出産してから慢性的な腰痛に悩んでいます」
本当にたくさんの若いママたちが、産後の腰痛に悩んでいらっしゃいます。
この産後の腰痛の主な原因は、出産による骨盤の開きです。この骨盤の開きは産後徐々に元に戻っていくのですが、完全に戻らない場合は骨盤に歪みが生じるようになり、その歪みが腰痛を誘発させるのです。
つまり、腰痛を改善させるためには、根本原因の骨盤を矯正は必須です。

 

一般的な骨盤矯正との違い

一般的な「安井式骨盤矯正」は骨盤のねじれに対するアプローチである一方、「安井式産後骨盤矯正」は、骨盤の開きの改善に重点が置かれます。
出産と出産に伴った身体の変化は、日常的なものでなく「ハレの日」とも称されるように特殊(非日常的)なものです。したがって、この身体の変化に合わせた特殊な施術でアプローチする必要があります。
当院では、経験豊富なスタッフの施術により、開いてしまった骨盤をしっかり元の位置へ納め、腰痛の根本的原因を改善し、育児中のママたちの快適な暮らしを取り戻すお手伝いをいたします。

骨盤矯正は、産後1年以内に行うのが理想

「できるだけ早く患部を動かしなさい!」
骨折などをして一定の治療が終わった後、リハビリを受けるなかで医師からよく聞かれる言葉です。
関節や骨格を支える筋肉は、一定期間動かさないとすぐに固まってしまい、そのまま放置していると以前のように身体が動かなくなってしまう場合があります。だから、リハビリの場では、患部に多少痛みがあっても、積極的に動かして関節や筋肉をほぐすことを優先します。
こうしたリハビリと同様に、産後に開いてしまった骨盤は、そのまま放置しておくと骨盤まわりの関節と筋肉が徐々に固まってしまいます。そして、完全に硬化してしまうと、骨盤の矯正は非常に難しくなってしまいます。
また、出産が近づくとリラキシンというホルモンが分泌されます。このホルモンは関節や靭帯を緩める作用があるのです。つまり、産後の骨盤矯正は、このリラキシンの緩和作用が残っている産後すぐに行うことも大切です。
以上のことから、産後の骨盤矯正は1年以内に行うことが理想的です。

当院のアプリをはじめました
当院のアプリをはじめました

アプリだけの限定サービスや便利な機能をご利用いただけます。あなたのスマホにインストールしてお使いください。

  • Apple StoreApple Store
  • Google PlayGoogle Play
    • Download on the App Store
    • GET IT ON Google Play
    • Download on the App Store
    • GET IT ON Google Play

Apple Store・Google Play ストアで検索