交通事故・むち打ち症でお悩みの方へ
各院の診療時間・アクセス

背中のお悩み

背中の痛み

背中の痛みのイメージ

立っている時、座っている時など上体を起こしている時に常に働いているのが背骨(せぼね)の両脇についている脊柱起立筋です。

猫背など背中が丸まる姿勢がクセになっていると、この筋肉に過度の負担がかかり、硬くなって血流が低下してゆきます。
ひどくなるとコリや痛みを慢性的に感じるようになります。

安井接骨院では…

安井接骨院では、硬くなった筋肉と関節の調整をすることで、背骨(せぼね)の歪みをとり、筋肉の負担を減らしてゆきます。
方法は一人一人を見てその方にあった方法を一緒にセレクトします。

胸が痛む、肋骨の間あたりが痛い

深呼吸をしたり、せき、大きい声を出すなどでも胸が苦しくなる。
肋骨の間がピリピリ痛む。
原因としては背中から出て、胸腹部に分布する末梢神経(肋間神経)の圧迫によることが多いです。

安井接骨院では…

安井接骨院では、縮んで硬くなっている胸背部の筋肉を中心に、全身の筋肉と関節を調整し、体の歪みをとることで神経の圧迫を解消し、症状を改善してゆきます。

骨盤の歪み・左右の脚の長さが違う

骨盤の歪み・左右の脚の長さが違うのイメージ

骨盤は両脚の大腿骨の上に乗り、その上に乗る背骨(せぼね)と頭を支える土台の役割をしています。

土台である骨盤が歪むと、重い頭を支える為に、背骨(せぼね)が無理にバランスをとろうとして歪みが生じ、体に過剰な負担がかかってきます。

安井接骨院では…

安井接骨院では、まず骨盤がどのような方向、角度に歪んでいるのかチェックし、腰背部や殿部、大腿部を中心に全身の筋肉と関節を調整して歪みをとっていきます。

また同じように骨盤が歪んでしまわないように、弱っている筋力を強くする体操指導や、原因となっている生活習慣、姿勢を改善するためのアドバイスもしてゆきます。