小賀須院ブログ

2016年6月24日 金曜日

気と血

こんにちは、小賀須の黒川です

今日は身体のエネルギーであるについてです

気とは目に見えない身体の生命力です、上昇する性質があり、陽気とも言います

血とはそのまま血液のことです、液体なので下降する性質があり、陰血とも言います

気血がともに身体を循環しているのがベストな状態ですが、身体が弱ると分かれてしまいます

陰血の方が減りやすいので陽気が余ります、陽気が上昇すると

頭痛、のぼせ、めまい、イライラ、目の充血などの症状がでます

それを防ぐためにはしっかり睡眠をとりましょう!夜更かしは陰血を消耗します

しっかり寝て楽しい夏を過ごしましょう!




投稿者 株式会社安井接骨院