正徳院ブログ

2016年8月20日 土曜日

正しいストレッチとは?

こんにちは!高橋です

今日は「正しいストレッチ」についてお話しします。



【 正しいストレッチのやり方 】

①息を止めない(深呼吸をする)
息を止めてしまうと、血圧が上がってしまいます。高血圧の方には特に良くないです。
深呼吸してリラックスした状態でやりましょう。

②反動をつけずに行う
グッグッと反動をつけてストレッチを行うと筋肉がいきなり伸ばされることに危険を感じて縮んでしまいます。ストレッチで筋肉を伸ばしたいはずが…反動をつけると逆に筋肉が固くなってしまいます…。
ストレッチはゆっくりと伸ばし反動をつけずに行いましょう。

③できるだけ身体を温めてから行う
お風呂などで身体を温めてからやると筋肉の緊張が緩み血流が良くなっているので筋肉がほぐれやすくなります。

④無理をしない
痛きもち良いくらいでゆったりとやりましょう。痛いのを我慢してやり過ぎてしまうとオーバーストレッチとなり筋肉が痛み、余計に固くなってしまいます。
身体が固いからといって怪我をしたばかりのところを自分で伸ばすのもやめましょう。怪我を悪化させることがあります。





ストレッチは1人でも簡単に身体のケアが出来ますし、メリットだらけなので無理のない範囲でぜひやって頂きたいです!









投稿者 株式会社安井接骨院