正徳院ブログ

2016年8月27日 土曜日

骨粗鬆症


こんにちは!高橋です(^^)

現代では50歳以上の女性の3人に1人がなってると言われる「骨粗鬆症」について話したいと思います。


【 骨粗鬆症とは? 】
骨の強度が低下し、骨の中がスカスカになり、骨折するリスクが大きくなる病気です。


【骨粗鬆症になる原因】
・50歳以上の方
・女性
・日光に当たらない
・華奢である
・閉経後
・運動をしない
・偏った食事、過度なダイエット
・毎日飲酒する人、喫煙者


特に最近の女性は「痩せていたい」という傾向が強く、過度な食事制限やダイエットをしがちなので将来、骨粗鬆症になるリスクが高いです。


高齢者になって骨粗鬆症になると…恐ろしいのが骨折です!!
骨粗鬆症だと荷物を持ち上げたときや転んだときなど、ちょっとしたことで骨折してしまうんです…。
太ももの付け根を骨折して入院してるうちに、寝たきりになってしまうことも…。



骨密度は18歳をピークに減少してしまうので、今から日光に当たって運動をしたりして生活習慣を見直し、骨粗鬆症を予防しましょう!!!



投稿者 株式会社安井接骨院