正徳院ブログ

2016年9月10日 土曜日

サルコペニア肥満

こんにちは!高橋です(^^)

今日はサルコペニア肥満について話します。


【 サルコペニア肥満とは❓ 】
筋肉量が減少していて、かつ肥満である状態です。
サルコペニア肥満になってしまう原因は、日頃の運動不足や食事制限ダイエットなどが原因です。


運動不足や筋肉を鍛えることを怠っていると…筋肉は20歳をピークに1年ごとに1%ずつ減少します。

食事制限ダイエットは食べる量が減るので、一時は脂肪減少効果が得られますが…必要な栄養分を摂取出来ないことで筋肉量が大きく減少します。


【 寝たきりになるリスクもとても高い!! 】
高血圧・心筋梗塞・糖尿病・脳卒中などの疾病になるリスクが高いです。

サルコペニア肥満は筋肉が減少していて生活機能が低下している状態なので、転倒しやすく、骨折などの怪我に繋がりやすく寝たきりや要介護になるリスクも高いです。



【 サルコペニア肥満の予防方法】
・食事制限ダイエットをしない
・今のうちに筋肉量を増やす
・運動をする
・大腰筋を鍛える
歩くときに重要な大腰筋を鍛えると、転倒しにくい身体になります。
大腰筋が弱ると人は立てなくなるので、大腰筋を鍛えることによって、寝たきり防止になります。



「運動したいけど、身体が痛くて出来ない…」や「運動をする体力も時間もない」といった方も当院でなら鍛えることが出来ます!
30分寝ているだけで大腰筋を鍛えることが出来る機械『楽トレ』をおすすめします!
楽トレで鍛えて、寝たきりを予防しましょう!



投稿者 株式会社安井接骨院