交通事故・むち打ち症でお悩みの方へ
各院の診療時間・アクセス

スタッフブログ

2016年10月14日 金曜日

手の厥陰心包経(てのけついんしんぽうけい)

おはよう、こんにちは、こんばんは

 

 

今日ブログ担当のオクムラです。

 

 

今回は手の厥陰心包経(てのけついんしんぽうけい)

 

手の厥陰心包経の流れは胸中で足少陰腎経の脈気を受けて起こり、心包に属し、横隔膜を下って上脘穴、中脘穴、陰交穴の部で三焦を歴絡する。

 

 

その支なるものは、胸を循って腋下に出て、上腕内側の肺経と心経の間を行き、肘関節(曲沢穴)に入る。

 

 

前腕内側の中央を行き掌中(労宮穴)に入り、中指の端(中衝穴)に出る。

 

 

その支なるものは、掌中より別れて薬指の端(関衝穴)に出て手の少陽三焦経に連なる。

 

 

病症として動悸、胸痛、胸苦しい、手掌の熱感、上腕・肘の痙攣、腋下の腫れ、胸脇部の膨満感などがあらわれる

 

 

このような症状が現れたならこの経絡を押す・もむ・流れに沿ってさするなどで軽減する

 

 

一度お試しください



pic20161014000028_0.gif

投稿者 安井接骨院 スタッフ

カレンダー

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31