小賀須院ブログ

2017年2月 9日 木曜日

産後の骨盤矯正を受ける時期は?

こんにちは!

 

 

 

小賀須院の安井です((*゚Д゚)ゞ 

 

 

 

雪予報でしたがたいしたことはなさそうで良かったですね!

 

 

 

 

ですがまだまだ冷え込むので体調管理はしっかりとしていきましょう!

 

 

 

 

 

さて、本日も産後にまつわるお話ですΣ(・口・)

 

 

 

 

これもよく質問をうけることですが、

産後の骨盤矯正はいつ受ければいいですか??

と。。。

 

 

 

 

 

結論から言いますと、

 

 

 

 

産後2ヶ月~6ヶ月が理想の期間

 

 

 

最低でも、産後1年以内に骨盤を整えておくことが大切です!

 

 

 

 

ではなぜその期間なのでしょうか?

 

 

 

順を追って説明していきます

 

 

 

 

●産後1か月

 

 

 

出産直後はまだ骨盤の周りの筋肉が、内臓の重みに耐えられるほど回復していません

腹圧を高めてしまうと骨盤周りの筋肉に負担をかけてしまうので、無理をしての体操は控えましょう

暇を見つけて細目に横になることも大切です

 

 

 

 

 

●産後2ヶ月

 

 

 

1か月の定期検診で問題が無ければ産後矯正を行っても差し支えない時期ですが、

筋力の回復には個人差があり、腹圧を高めることで出血をする場合もありますので、

安全性を考え

当院では、産後2か月後~産後の骨盤矯正を行っております

 

 

 

 

まれに、出産をしたら一刻も早く骨盤矯正を受けるべきと聞いて来院される方もみえますが、そんなことはありませんので、ご自身のお身体の調子が優れてからで大丈夫です(´ー`*)

 

 

 

 

 

●産後2ヶ月~産後6ヶ月

 

 

 

自宅での運動を行っていくことができます

ただし腹圧を高めると骨盤が歪みやすいので、骨盤ベルトは産後3ヶ月まではつけておきましょう(骨盤ベルトの必要性についてはコチラ

 

 

 

 

この時期は産後うつ=マタニティブルーがでやすい時期です

ホルモンバランスが安定せず、月経の周期も不安定のため、寝不足や育児ストレス、イライラしやすいなどの症状が起こりやすいです

この時期に産後のケアをしておくことが、今後の体調や健康に大切になってきます

 

 

 

 

●なぜ一年以内か?

 

 

 

 

生理前と妊娠~産後に分泌されるホルモン、「リラキシン」

産後矯正には特に重要なホルモンです

 

 

 

このホルモンの影響で、筋肉や靭帯などが緩み、赤ちゃんが産道を通りやすくなります

6ヶ月までに産後矯正を行うことが理想ですが、産後一年は、このリラキシンの影響で骨盤の周囲が緩い状態であり、矯正をすることができます

一年を過ぎると骨盤と恥骨が結合し固まるため、早めの矯正を推奨します!

 

 

 

 

女性の人生の中で、1~2回程度の身体の変化に対して軽視せず、正しい知識と正しいケアで今後の生活を良くしていきましょう!

 

 

 

 

ご相談も随時受け付けております!

052-303-1166

ご連絡お待ちしております(。・ω・。)



pic20170209112248_0.jpg

投稿者 株式会社安井接骨院