小賀須院ブログ

2017年3月 2日 木曜日

花粉症と筋肉の関係!?

こんにちは!

 

 

 

小賀須院の安井です((*゚Д゚)ゞ 

 

 

 

うん、このタイトルよくわかわないですね(゚Д゚;)

 

 

 

 

前回の記事で、

 

 

花粉の時期が近づいてきた→急なくしゃみ→ぎっくり腰

 

 

 

には気を付けましょうと書きましたが、他にも花粉の季節に気を付けておきたいことがあります!

 

 

 

花粉症の自覚がある方を何人も観察していると、

 

 

・鼻をすすりっぱなし

・鼻カミカミ

・くしゃみ連発

 

 

 

なんか辛そうですよね;;

 

 

 

この時に、身体のある筋肉において疲労がものすごく蓄積されてしまいます

 

 

 

人は、呼吸を行うにも筋肉の働きが必要です

 

 

 

つまり、鼻をすすってばっかりいると、空気を吸うときの吸気筋に疲労が蓄積し、

鼻をかんでばっかだと、空気を吐くときの呼気筋に疲労が蓄積されていってしまうんです

 

 

 

その中で特に疲労しやすい筋肉が、どちらにも作用がある「胸鎖乳突筋」という筋肉

(下の図を参考にしてください)

 

 

 

首にある大きな筋肉で、様々な動きや作用を行う重要な部分です

 

 

 

この筋肉が、疲労が蓄積され、筋肉が硬くなり縮んでしまうと、「肩こりや頭痛、寝違いを起こしやすい、猫背になる」などが起こりやすいと考えられています

 

 

 

逆に言えば、この筋肉を調整したり、疲労を除去することで、上記の症状が軽減できてきます

 

 

 

この時期に、なんか肩がつらいなとか、首回りがつらいなと感じるようであれば、一度ご相談くださいね(´ー`*)

 

 

 

丁寧なカウンセリングを行ったうえで、的確な施術を提案させていただきます!



pic20170302161936_0.jpg

pic20170302161936_1.jpg

投稿者 株式会社安井接骨院