交通事故・むち打ち症でお悩みの方へ
各院の診療時間・アクセス

スタッフブログ

2017年3月23日 木曜日

食べ続けたら死の危険!身近な危険な食べ物・添加物

おはよう、こんにちは、こんばんは

 

 

今日ブログ担当のオクムラです。

 

 

日本は世界から見たらガン大国と言われています。
今や2人に1人の人ががんでなくなると言われていますがそれだけがんで亡くなるのは世界から見たら驚きです。

特に若者ががんになる傾向が最近増えてきています。

そのがんになる原因の大部分を占めるのが食事と言われています。
日本は一見食事で恵まれているように見えますがなぜこんなにもがんになってしまうのでしょうか。

 

禁止の添加物が使われているマーガリン

 

実はマーガリンにはトランス脂肪酸というものが含まれ、これが私達にとって毒物なのです。

 

トランス脂肪酸は、心筋梗塞や狭心症のリスクを増加させ、肥満を発症させやすく、アレルギー疾患を増加させ、胎児の体重減少、流産、死産を生じさせる可能性がある。

 

 

危険なハンバーガー

 

 

 イーストフード,臭素酸カリウム,ソルビン酸,乳化剤,PH調整剤,膨張剤,リン酸塩このよな添加物などが入っています。

 

この中で特に危険なものが臭素酸カリウム

 

臭素酸カリウム

小麦粉改良材として使用され、バンズのふわふわ感を出すために使用されます。臭素酸カリウムは強力な発ガン性物質です。

 

身の回りの食品を調べるとかなり添加物がはいっています。

 

 

身体になるべくこういったもの入れないように気を付けましょう



投稿者 安井接骨院 スタッフ

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31