小賀須院ブログ

2017年4月 1日 土曜日

風邪をひく人、ひかない人の違いは?

こんにちは!小賀須院の高橋です(^o^)

 

まだまだ寒い日が続きますね。

 

 

鼻水をダラダラ流したり、コンコンと咳をしたり、
職場や学校などで風邪をひいている人が増える時期ですよね。


風邪を引く原因は、9割以上がウイルス感染。


ちなみに風邪を引き起こすウイルスの数は、なんと!
100種類以上にものぼるそう。


そんなにもあるなんて、ビックリですよね( ゜Д゜)


ただし、同じ場所にいて、同じ空気を吸っていても、
風邪ひく人と、ひかない人、両方いますよね。


その違いは、何なのでしょう?


風邪をひいたときのことを思い出してみてください。


たとえば、

・外で長い間立ち話をした
・寒い部屋でうたた寝した
・服がぬれたまま外にいた

など、冷えていたことが多いと思いませんか?


風邪を引き起こすのは空気中のウイルスですが、
「冷え」によって身体が弱ってしまうと、
風邪をひきやすくなるのです。


室内の温度を調節したり、外出時には服を工夫したり、
冷えないように心がけたいものですね。


一日の終わりには、
お風呂にしっかり浸かって、身体を温めてあげることも
大切ですよ(゜∀゜)


ただし「頑固な冷え」は、そう簡単にはとれません。


表面だけではなく、身体の芯から丁寧に、
十分に温めてあげることが必要になるんです。


たとえば、ツボを刺激して身体を温めてくれるお灸も、
冷えが気になる方にはよさそうですね(*^^*)


当院では、お灸メニューもご用意しておりますので、
ポカポカと心地いい時間を過ごしに来てくださいね♪



pic20170401180138_0.jpg

pic20170401180138_1.jpg

投稿者 株式会社安井接骨院