交通事故・むち打ち症でお悩みの方へ
各院の診療時間・アクセス

スタッフブログ

2017年5月 9日 火曜日

捻挫・打撲!そんなときは!?

こんにちは!

今日のブログを担当します、奥間です(^o^)

 

 

 

 

 

ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?

 

遠出された方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

ところで、ゴールデンウィークを過ぎると、新入生たちは部活動が本格的に開始すると思います!(^^)!

 

 

今までと違い、身体を鍛えること・技術を身につけることが重要視されます

 

 

そうなると身体への負担が大きくなり、ケガをしやすくなります(/_;)

 

 

 

 

 

そこで今回は、ケガの中でも特に多い『捻挫・打撲』をしてしまった時の処置法について書こうと思います(●^o^●)

 

 

 

 

 

 

捻挫も打撲も、初めは基本的に同じ処置を行います

 

①まずは患部を安静に保ちます…無理に動かしてしまうとひどくなる場合があるので、捻ってしまった!ぶつけてしまった!時はまず運動をやめましょう

 

 

②次に患部を冷やします(アイシング)…ケガをした部分は内出血を起こしています。この内出血を抑えるために氷水に患部をつけたり、ビニール袋に氷水をいれてそれを患部に当てます。また冷やすことで、痛み刺激を抑える効果もあります。

 

 

③包帯やテーピングで圧迫…患部を圧迫することで損傷した組織の細胞液(要は血液やリンパ液など)を他の部位に流れ込むのを防ぎ、内出血や腫れを食い止めます。

 

 

 

④最後にケガをした患部を心臓より高く上げる(拳上)…損傷した部位から細胞液が溢れ出すと腫れが強くなります。この時患部を心臓より高い位置で保つことで、細胞液が溢れるのを防ぎ、腫れを抑え、早く引かせることができます。

 

 

 

 

これを徹底するだけでもケガの治りは格段に違います!

 

豆知識として覚えておくといいかもしれませんね(*^^)v

 

 

 

ただこれは応急処置の一つでしかないので、ケガをしたら専門の医療機関で見てもらうようにしましょう!

 

 

安井接骨院でもケガに対しての治療は行っていますので、やってしまった!と思ったらご連絡ください!

 

 



pic20170509192947_0.png

投稿者 安井接骨院 スタッフ

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31