中川区春田本院ブログ

2018.06.11更新

こんにちは!!

 

本日のブログは【冨田】が担当させて頂きます。

 

東海地方もいよいよ梅雨入りしましたね。

今週は梅雨らしからぬ天気になりそうですが…。。。

 

さて、梅雨時期にご来院される患者様。

けっこう肩こり・頭痛を訴えられる方が多いです!!

 

前から気になってたんだけど、いよいよツラくって…。。。

 

こういう方は『天気が悪い日に特に調子が悪くなる』と

おっしゃられます。

これは急な気圧の変化によって、自律神経バランスが乱れるのが

原因かもしれません。

では、雨の日には、自律神経にどのような悪影響が現れやすいのでしょうか。

雨が降りはじめる前になると、気圧が徐々に下がって、低気圧になります。

すると副交感神経が優位に働くようになり、血管が拡張し、筋肉はゆるんできます。

雨が降りはじめる前には体がだるくなり、眠くなったり疲れやすくなったりするのは

このためと考えられます。

 

本来、自律神経は、交感神経と副交感神経がシーソーのように

一定のリズムで交互に働いています。

ところが、いずれかの神経が過度に働いたり、シーソーのリズムが乱れたりすれば、

自律神経がパニック状態に陥ってしまいます。

こうして自律神経の働きが乱れると、体にさまざまな悪影響が現れてきます。

その代表的な障害が体内の血液循環の障害。

 

交感神経が過剰に興奮しても、副交感神経が過度に働きすぎても、

血液の循環は悪くなります。

自律神経の乱れによって血液の循環が悪くなれば、

脳や内耳(耳の最も奥の部分)の血流が悪化し、頭痛や耳鳴りを

引き起こしてしまうんです。

 

このような症状でお悩みの方は是非、鍼や灸の治療をおススメします!!

鍼や灸は自律神経のバランスを整えたり、身体の血液循環を改善するのに

非常に最適です!!

 

当院は【痛くない鍼・熱くない灸】で小学生の方でも

喜んで受けて頂いております。

 

気になる方はお気軽にご来院下さい!!

 

当院のアプリをはじめました
当院のアプリをはじめました

アプリだけの限定サービスや便利な機能をご利用いただけます。あなたのスマホにインストールしてお使いください。

  • Apple StoreApple Store
  • Google PlayGoogle Play
    • Download on the App Store
    • GET IT ON Google Play
    • Download on the App Store
    • GET IT ON Google Play

Apple Store・Google Play ストアで検索