中川区春田本院ブログ

2016.01.19更新

こんばんは!

柔整師の木下です。

 

最近はグッと寒くなってきました。関東、東北の方では雪がものすごく降っているようですね。名古屋はこれから降るかもしれないので、お車を使う方はスタットレスに履き替えるなどしてお出かけください(・∀・)

 

 

さて今日のブログではおちにくい筋肉について少しお話をしていこうと思います。

 

どんな筋肉が身体の中でおちにくいと思いますか? 逆にどんな筋肉がおちやすいと思いますか?

 

まずおちやすい筋肉ですが、これは鍛えたら鍛えた分だけ肥大していくような筋肉です。この筋肉はアウターマッスルと言われています。

アウターマッスルでわかりやすいのは例えば6つに割れた腹筋ですね。頑張って鍛えてもその頑張りをやめてしまうと元に戻りやすいです。

逆におちにくい筋肉はインナーマッスルと言われています。インナーマッスルはアウターマッスルに比べるとどこにあるか見ることはできませんが、6つに割れた腹筋の深層にあります。

このインナーマッスルは姿勢の保持に関係もしています。また一回つくとおちずらいので年をとる前につけていくと、姿勢の歪みや骨格の歪みの予防つながります!

 

このインナーマッスルをどうやってつけるかというと、ものすごく大変です。

 

しかし当院にはこのインナーマッスルを鍛える機械がありますので、気になった方は御来院下さい。

そして強い体を作っていきましょう!!

 

 

 

投稿者: 安井鍼灸接骨院・整体院

2016.01.14更新

おはよう、こんにちは、こんばんは

 

今日ブログ担当のオクムラです。

 

東洋医学の基礎です

 

天人合一思想(てんじんごういつしそう)

自然界を大宇宙、人体を小宇宙とし、自然界の出来事も、人体の生理・病理・疾病の発生なども同じ法則で説明できること

 

全体的な診察・治療

病名診断ではなく、患者を全体的に捉え、得られた結果を「証(しょう)」と表現し、治療方針を指し示します。

 

これは東洋医学の基本的な考え方でこれから東洋医学について書いていきます。

投稿者: 安井鍼灸接骨院・整体院

2016.01.05更新

あけましておめでとうございます!

本院、柔道整復師のきのしたです(・∀・)

 

みなさん年末年始はどのように過ごされましたでしょうか?ご家族でたくさんおいしいものを食べましたか?食べ過ぎたのではありませんか?!

今日は摂取生理的熱量(カロリー)のお話をしようと思います。

まず1日の摂取カロリーは男性で約2000キロカロリー、女性で約1700キロカロリーとなっています。

 

お正月の食べ過ぎてしまった場合

例えば

朝:おもち3個(約350キロカロリー)

昼:おせち(約1280キロカロリー) 雑煮(約200キロカロリー)

夜:鍋(約350キロカロリー) 雑炊(約200キロカロリー) ビール2本(約300キロカロリー)

こんな一日の摂取カロリーはなんと

 

2680キロカロリー( ;∀;)

 

男性で約700キロカロリー、女性で約1000キロカロリーオーバーです!

これがもし1週間続くと7000キロカロリーの摂取によりだいたい1キロ増えると言われています。

7000キロカロリーを消費しようとするとフルマラソン3回分と言われています。フルマラソンを走りきるのも難しいのに3回はもっと難しいですね。

 

なので夕食のご飯一杯(約240キロカロリー)を1ヵ月抜き、マイナス7200キロカロリーにして1キロ痩せる方が簡単です! それか筋力をつけ代謝量をあげるかです!

 

筋力をつけるのも大変ですよね?頑張って運動しないと筋力はつきません。 しかし、当院では楽トレというインナーマッスルトレーニングの機械がありますので無理な運動もせずに筋力がつきます!ただ寝ているだけです(*・∀・*)ノ

 

お正月でたるんだ身体にぜひお試しください!

 

投稿者: 安井鍼灸接骨院・整体院

当院のアプリをはじめました
当院のアプリをはじめました

アプリだけの限定サービスや便利な機能をご利用いただけます。あなたのスマホにインストールしてお使いください。

  • Apple StoreApple Store
  • Google PlayGoogle Play
    • Download on the App Store
    • GET IT ON Google Play
    • Download on the App Store
    • GET IT ON Google Play

Apple Store・Google Play ストアで検索