中川区春田本院ブログ

2018.07.31更新

こんにちは!

 

今日のブログの担当は中野です。

 

明日から8月です。

 

お盆の休診日についてお知らせします。

 

8/10(金) 9時~12時 午前のみ診療

8/11(土)~8/13(月) 休診

8/14(火)~8/17(金) 通常通りの診療

8/18(土) 休診

 

お間違えの無いようにお願いします。

 

お盆は水の事故が増えますので気をつけてお過ごし下さい。

2018.07.26更新

本日の担当は大下です。

 

みなさん!

 

来月の感謝デーは8月1日となってます!!

 

月に一度の感謝の気持ちとしまして、粗品をお渡ししていますので是非たくさんの患者様

 

お待ちしています!!

 

2018.07.25更新

おはよう、こんにちは、こんばんは

 

今日はOKUMURAでし!!

 

 

 

しかし今日も暑い!!

 

 

連日暑い日がつづいていますが暑さに負けないように元気出して油断せずにいこう!!

 

ネットでこんな記事があった

(新菌種「ブルセラ症」に長野県の家族4人が感染)

 

あんまり聞き慣れない病名だと思います。

 

どんなものか書いていきます!

 

 

ブルセラ症とは

ブルセラ属の細菌に感染して起こる人獣共通感染症。マルタ熱とも呼ばれる。動物への依存度が強い国や地域では、依然発生は多い。

 

 

潜伏期間は通常1~3週間であるが、数カ月に及ぶ場合もある。症状は他の熱性疾患と類似しているが、筋肉骨格系に及ぼす影響が強く、全身的な疼痛感、倦怠感、衰弱、およびうつ状態と、 持続的、間欠的、または不規則な発熱が見られる。一部では泌尿生殖器の症状が顕著である。
症状は軽症で自然治癒する場合もあるが、重症化することもある。病気の期間は2~3週間から数カ月間である。

 

主な分布地域
世界的に分布。地中海地域、西アジア、アフリカ、ラテンアメリカ、南アメリカ、アラビア湾域、インドなど。

 

 

症状

あらゆる臓器に感染を起こし、全身症状。その症状に特異的なものはなく、症状は他の熱性疾患と類似している。40℃程度の発熱は主に午後から夕方で、持続的、間欠的、または不規則な発熱(数週間〜数カ月続くこともある)、発汗、疲労、体重減少、うつ状態などの症状がみられる。リンパ節腫脹、肝脾腫大がみられる。

 

予防
予防接種や予防薬はありません。ブルセラ症が流行しやすい場所では、殺菌していない乳製品や調理不十分の肉類の摂取を避けましょう。動物の屠殺や分娩時に感染しやすいことが知られていますので、そのような場に近づかないようにしましょう。

 

とにかく近づかないようにしていきましょう。

 

感染経路
感染動物の加熱殺菌が不十分な乳・チーズなど乳製品や肉の喫食による経口感染が最も一般的である。
家畜の流産仔や悪露への直接接触、汚染エアロゾルの吸入でも感染する。
ヒト-ヒト感染は、授乳、性交、臓器移植による事例が報告されているが極めてまれである。
流産仔や悪露、血液などへ接触することにより感染するが、尿中に排菌されることも知られている。

 

 

調べるとなかなか恐ろしい病気ですね。

2018.07.23更新

こんにちは!!

 

本日のブログは冨田が担当致します!!

 

本日は【高温注意報】が出てるようですね。。。

水分補給をマメに行い、くれぐれも熱中症にご注意下さいね!

 

さて、タイトルの『第二の心臓』!

これはズバリ!!【ふくらはぎ】のことです。

 

人間の血液は重力のために約70%が下半身に集まります。

ふくらはぎは上から降りてくる血液を受けとめ、重力に逆らって

心臓に戻すポンプとしての作用があります!!

それだけ重要な筋肉器官なわけですね!!!

 

皆様のふくらはぎは健康なふくらはぎですか?

健康な方のふくらはぎは温かく、やわらかく、弾力があります。

 


ふくらはぎがひんやりしている、弾力がない、かたくてカチカチ、

パンパンに張っている、奥のほうにコリコリしたしこりがある、

指で押すと跡がなかなか消えないなど…。。。

 

こんなふくらはぎの方は身体に何か不調があるかもしれません。。。

 

じつは最近、患者様から『足がつるんだけど、何か予防法はないか?』

という話をよくお伺いします。

いわゆる【こむら返り】ですね。

 

こむら返りが起こりにくくなる予防法としては、規則正しい生活、

バランスの良い食事、適度な運動および運動後のストレッチ、

ミネラルの入った水分の積極的な補給、アルコール・タバコの減量、

ヒールが高いような疲れやすい靴を避けるといったことが基本となります。

また、仰向けで重い掛け布団を使うと足首の関節が伸ばされ、

こむら返りが起こりやすくなってしまいますので、

横向きで寝たり、軽い掛け布団にしたりするのも有効です。

 

ストレッチのやり方は一番下に載せておきますネ!!

 

皆様、第二の心臓に違和感を感じたら、お早めに当院まで

ご来院下さい!!!

 

それでは皆様、素敵な週末をお過ごし下さい☆

2018.07.20更新

おはようございます!!

 

本日のブログは冨田がお送りさせて頂きます。

 

早速ですが、今日は『土用の丑の日』ですね!!

 

ウナギ好きの私は晩御飯が楽しみな今日この頃…(^^)/

私と同じ気持ちの方も多いのではないでしょうか?

 

そもそもなぜ土用の丑の日にはウナギを食べるのか?!

 

諸説色々ありますが、一番有力なのがコチラ!!

 

江戸時代に平賀源内が発案したという説。

江戸時代、夏場はウナギがなかなか売れなかったようで

売上げ不振に困ったウナギ屋が平賀源内に相談したようです。

そして「本日、土用丑の日」と看板を店先に出してから、その店は大繁盛!!

それから夏にうなぎを食べるという習慣ができたそうです。

 

確かにウナギは疲労回復に欠かせないビタミンB1、B2、B6、

体の免疫力を高めるビタミンAが非常に豊富です。

ビタミンAは、なんと約4分の3串で1日の必要量がとれるほど、

栄養価が高いのです。

 

夏バテ防止にも非常に良い食材なんですね!!

 

皆様、今晩のおかずはウナギで決まりですよ!!!

 

それでは本日も皆様、元気に生きましょう!!

2018.07.19更新

 こんばんは!

 

本日の担当は大下です。

 

みなさん、熱中症になる場所として屋外や部屋の中だけではなく最近では

 

車の中や、トイレの中でも大変危険です。

 

上記の場所で亡くなられた方もみえます。

 

ですのでしっかりと水分を取りながら行動することを心がけてこの夏を乗り切っていきましょう!

 

 

2018.07.19更新

おはよう、こんにちは、こんばんは

 


 


今日はOKUMURAです。

 


 


胃腸風邪はきいたことありますか?

 


胃腸風邪とは正式な病名では「感染性胃腸炎」のことで、ウイルスや細菌によって胃腸が炎症を起こしてしまう病気です。

 


具体的にどのように感染するかしっていますか?

 


1.食べ物の摂取(経口感染)が感染経路

 


2.接触感染

 


3.免疫力の低下

 


この三つから起こります!

 


症状が

1.腹痛

一番強く出てきます

2.嘔吐

胃腸風邪では、嘔吐がある場合がほとんどです。

3.下痢

下痢は、水っぽいのが特徴です。

4.発熱

胃腸風邪では、発熱が出る場合があります。

5.その他

 
体のだるさ、関節痛、頭痛、悪寒など一般の風邪と同じような症状がでることがあります。

 


症状が続く期間

短くて2~3日、長くて1週間程度です。

 


予防方法

 


・手洗いうがい・マスクの着用

 


・加熱処理

 


・予防接種を受ける

 


暑い日が続くと胃腸風邪みたいなものにもかかる事もあるので気をつけて日々暑さと戦ってみてください(>_<)

2018.07.18更新

こんにちは!

 

今日のブログの担当は中野です。

 

毎日暑いですね。

 

このような日が続くと、冷たい飲み物や食べ物が欲しくなりますが

 

冷たいものを多く摂取すると内臓が冷えてしまいます。

 

内臓が冷えると免疫力が低下して病気になりやすくなります。

 

他にも下痢や肌荒れなど、さまざまな不調の原因となります。

 

内臓を冷やさないために冷たい飲み物・食べ物を控える、

 

身体を温める食べ物を多く食べるようにしましょう。

 

 

身体を温める食べ物は、

・にんじん

・しょうが

・かぼちゃ

・たまねぎ

・ひじき などです。

 

とまと、きゅうり、なす、すいかなどは身体を冷やす

 

食べ物です。

 

両者を上手く摂って不調の出ないようにしましょう!

2018.07.12更新

こんにちは!

 

本日の担当は大下です。

 

いよいよ夏らしい天候気温になってきましたね!

 

この季節、海や川やプールにお出かけされる方も多いと思います!

 

さて、こういったときに大切になってくるのが遊ぶ前の準備運動です!!

 

筋肉というのはいきなり負荷を掛けると、つったり、損傷したりする可能性がでてきます。

 

このようなことになるとせっかくの遊びも台無しになりますよね!

 

なので水遊びの前には準備運動としてストレッチなどをしてから入るのを心がけましょう!!

 

万が一どこかを痛めたということがありましたら是非当院へ一度ご相談下さい!

 

2018.07.11更新

おはよう、こんにちは、こんばんは

 

 

今日はOKUMURAです。

 

 

梅雨もあけてだんだんと本格的に夏に近づきつつあると思います

 

 

 

ここで起こるのが暑さでバテてくる

 

 

皆さんも知っているとおもいますが夏バテとは

 

 

高温多湿な状況下に置かれると、体温を一定に保とうとし、必要以上のエネルギーを消費して体に負担がかかってきます。
大半の場合は、その負担に耐える事ができますが、過度に負担がかかったり、毎日続いたりすると、その暑さに対応できなくなる事があります。体に溜まった熱を外に放出する事ができなくなり、熱がでたり、だるくなって胃腸の働きが弱まったりします。このように体が限界な状態になる事を、「夏バテ」と言います。

 

 

夏バテの原因

自律神経の不調

水分不足

胃腸の働きの悪化

睡眠不足

などの事があると起こってきます。

 

逆に言うと上の4つを気をつけていれば夏バテになりにくくなるのです。

 

これからの時期は楽しいことが盛りだくさん海行ったり、花火見たり、お祭りではしゃいだりこんな楽しいことが待っているのに夏バテでできないのは悲しい

 

ならないためにも日頃から自分で気をつけたり、特に安井接骨院で良くしていくことをおすすめします。

前へ
当院のアプリをはじめました
当院のアプリをはじめました

アプリだけの限定サービスや便利な機能をご利用いただけます。あなたのスマホにインストールしてお使いください。

  • Apple StoreApple Store
  • Google PlayGoogle Play
    • Download on the App Store
    • GET IT ON Google Play
    • Download on the App Store
    • GET IT ON Google Play

Apple Store・Google Play ストアで検索