港区小賀須分院ブログ

2016.10.31更新

こんばんは☆

今日のブログ担当蛭川です!

 

最近寒くなってきましたね~。。

冷えが気になる方も多いのではないでしょうか。

 

今日は簡単にできる冷え対策をご紹介します(^^)

・ゆっくりお風呂につかる

・ストレッチやウォーキングなど適度な運動をする

・生姜やニンニク、トウガラシなど身体を温める食べ物を食べる

冷えでお悩みの方は試してみて下さい!!

 

また、当院では冷えを改善するための鍼灸治療も行っておりますので冷えでお悩みの方はお問い合わせください!!

投稿者: 安井鍼灸接骨院・整体院

2016.10.29更新

こんにちは!

小賀須院の高橋です(^_^)

 

寒かったり暑かったり

風が強かったり。

 

今日はそんな一日でしたね(^_^;)

 

さて、痛みの根本原因は

姿勢の悪さや骨格のゆがみ、

そのゆがみの元はインナーマッスルの弱さですね。

 

で、痛みの直結の原因はというと

アウターマッスルという筋肉の硬さです。

 

アウターマッスルは硬くなると痛みが出やすくなります。

 

まずはご自宅でのセルフストレッチや

お二人でやるペアストレッチなどをやり

筋肉が少しでも硬くならないようにしましょう!(^○^)

 

本当に大事なのはインナーマッスルですが…(^^)



pic20161029194058_0.JPG

投稿者: 安井鍼灸接骨院・整体院

2016.10.28更新

おはよう、こんにちは、こんばんは

 

 

今日ブログ担当のオクムラです。

 

 

今回は足の少陽胆経です。

 

胆経の流れは

目の外から起こり、上って側頭部にいき、耳の後に下り、首をめぐったのち、肩に入る。首の付け根で左右が交わり、肩をめぐったのち鎖骨を通る。

目の外より別れてあごに下り、ほほに上り、手の少陽三焦経に合わせって、下あごへ行き、ついで鎖骨の先のものと合わさる。鎖骨から胸の中に下り、横隔膜を貫いて肝蔵をまとい胆に属する。その直なるものは肩から肋骨の横をめぐり、鼠径部に入り、ともに股関節のあたりを通る。

股関節のあたりから大腿および下腿の外側を下り、足の第4指の末端に終わる。

 

 

足の少陽胆経の良く効く疾患は眼疾患、耳疾患、頭痛、脳卒中の予防、肋間神経痛、腎・胆の疾患、腰痛、モモから足にかけての痛み・腫れ・むくみなど効果が出る

 

 

 

 



pic20161028000006_0.jpg

投稿者: 安井鍼灸接骨院・整体院

2016.10.21更新

おはよう、こんにちは、こんばんは

 

今日ブログ担当のオクムラです。

 

 

今回は手の少陽三焦経(てのしょうようさんしょうけい)ですぅー

 

 

手の薬指の端に起こり、手背より前腕背側の中央を上って、肘を貫き肘後に出て上腕後外側を循り肩に上る。

 

鎖骨上に入り、下って胸の中心で左右が交わったのち、散布して心包を絡い、横隔膜を下って三焦に属する。

 

その支なるものは、胸の中心から鎖骨上に出て、うなじを上って耳の後ろに達し、一つは耳の上から額角に出て内眥から頬に行き、別の支なるものは、耳の後ろから耳中に入り耳前に出て、頬を経て外眼角のあたりに終わり、足の少陽胆経に連なる。

 

 

この経絡で改善もしくはいい方向持って行ける疾患になる病名です。頭痛、発汗、眩暈、乗り物酔い、悪寒発熱、扁桃炎、上肢神経痛、五十肩、腕神経痛、頚痛、上腕神経痛、眼疾患(視力減退、涙腺炎)、三叉神経痛など

 

この経絡の流れを押してくと症状を変えていけることがあります。



pic20161021094524_0.jpg

投稿者: 安井鍼灸接骨院・整体院

2016.10.17更新

こんにちは!

 

朝は少し冷えてきましたね(>_<)

 

布団からなかなか出られない高橋です(^_^;)

 

 前回は子どもの猫背の話でしたね。

 

今回は大人の猫背

 

大人の方も猫背は非常に多いです。

 

実際は気付いてない方も多いです。

 

パソコンスマホなど

 

よく使う方は気を付けて下さいね(^_^)



pic20161017010928_0.jpg

投稿者: 安井鍼灸接骨院・整体院

2016.10.14更新

おはよう、こんにちは、こんばんは

 

 

今日ブログ担当のオクムラです。

 

 

今回は手の厥陰心包経(てのけついんしんぽうけい)

 

手の厥陰心包経の流れは胸中で足少陰腎経の脈気を受けて起こり、心包に属し、横隔膜を下って上脘穴、中脘穴、陰交穴の部で三焦を歴絡する。

 

 

その支なるものは、胸を循って腋下に出て、上腕内側の肺経と心経の間を行き、肘関節(曲沢穴)に入る。

 

 

前腕内側の中央を行き掌中(労宮穴)に入り、中指の端(中衝穴)に出る。

 

 

その支なるものは、掌中より別れて薬指の端(関衝穴)に出て手の少陽三焦経に連なる。

 

 

病症として動悸、胸痛、胸苦しい、手掌の熱感、上腕・肘の痙攣、腋下の腫れ、胸脇部の膨満感などがあらわれる

 

 

このような症状が現れたならこの経絡を押す・もむ・流れに沿ってさするなどで軽減する

 

 

一度お試しください



pic20161014000005_0.gif

投稿者: 安井鍼灸接骨院・整体院

2016.10.08更新

こんにちは!小賀須院の高橋です(^o^)

 

 当院も子どもや学生が来院します。

 

しかし、待合室で座っている姿をみると

姿勢が非常に良くありません。

 

大人の方もそうですが(´д`ι)

 

 

猫背は内臓を圧迫し内臓機能の低下や

 

集中力も低下してしまいます(゚Д゚;)

 

 

これから受験シーズンに入る学生たち。

 

気を付けなはれや!!(笑)

 

 

シャキッとしましょうo(^▽^)o



pic20161008194055_0.jpg

投稿者: 安井鍼灸接骨院・整体院

2016.10.03更新

こんにちは!!

今日のブログ担当蛭川です☆

 

10月に入りだんだん涼しくなってきましたね!

寒くなってくると冷えで悩まれる方も多いと思います。

 

冷えは万病の元ともいわれ、免疫力の低下や代謝の低下、便秘・下痢・生理痛・肩こり・肌荒れの原因ともいわれています。

これからどんどん寒くなってくるので身体を冷やさないようにしていきましょう!!

 

当院では冷えを改善するための鍼灸治療を行っています。

無料体験もできますので気になる方はお問い合わせください(●^o^●)

 



pic20161003114547_0.jpg

投稿者: 安井鍼灸接骨院・整体院

2016.10.01更新

こんにちは!安井接骨院・小賀須院の高橋です(^o^)

 

もう半袖では肌寒くなってきましたね(>_<)

風邪をひかないようにきをつけましょう!

 

さて、前回は腸腰筋という姿勢を支える筋肉を

絵で見てみましたね。

 

それが衰えたりすると

下の絵のように

骨盤が前に傾きすぎて腰が突き出たり

 

逆に骨盤が後ろへ傾いてしまい

腰や背中が丸くなってしまう。

 

若い方は前者、ご高齢の方は後者が

多いです。

姿勢を良くするにはとっても大事な筋肉なんですねo((=゚ェ゚=))o

 

自分も気を付けなきゃ(>_<)



pic20161001195445_0.jpg

投稿者: 安井鍼灸接骨院・整体院

当院のアプリをはじめました
当院のアプリをはじめました

アプリだけの限定サービスや便利な機能をご利用いただけます。あなたのスマホにインストールしてお使いください。

  • Apple StoreApple Store
  • Google PlayGoogle Play
    • Download on the App Store
    • GET IT ON Google Play
    • Download on the App Store
    • GET IT ON Google Play

Apple Store・Google Play ストアで検索