交通事故・むち打ち症でお悩みの方へ
各院の診療時間・アクセス

腰・臀部のお悩み

ギックリ腰・急性腰痛

ギックリ腰・急性腰痛のイメージ

洗顔、歯磨き等で腰を屈めたとき、物を持ち上げたとき等に、急激に腰に痛みが走ったり、グキッ、ピキッという感覚があって、立っていられなくなったり、歩くのが困難になります。これは俗に言うぎっくり腰です。

ぎっくり腰は腰の筋肉の痙攣(けいれん)により起こります。

安井接骨院では…

安井接骨院では筋肉の緊張が強くなってますので電気や鍼灸の施術により筋肉の緊張を和らげ、コルセットやテーピングで安静を図ります。姿勢、腰痛(ようつう)体操と気持ちの持ち方の指導により再発を予防してゆきます。

慢性的な腰痛(ようつう)

日本人の80%が一生に一度は経験するといわれる腰痛(ようつう)。
これには様々な原因、症状がありますが、以下のように分けられます。

このうち最も多いのが筋肉の緊張や疲労によるもので、これには普段の立ち姿勢やクセ、仕事中の姿勢や動きなどの生活習慣が深く関わってきます。

腰のカーブが強すぎる姿勢、デスクワークや車の運転など、長時間座りっぱなしになる仕事、また調理師や美容師、介護士など、前かがみでいる時間が長い仕事。
こうした姿勢や生活習慣は腰の筋肉を硬くして背骨(せぼね)を歪ませ、慢性的に痛みやこり、重さを感じるようになります。

安井接骨院では…

安井接骨院では、筋肉の緊張や疲労による慢性腰痛には、腰、背中、お尻の筋肉を中心に全身の筋肉と関節を調整して歪みをとり、体を楽にしたうえで、痛みを繰り返さないための姿勢のとり方、生活習慣についてのアドバイスをしてゆきます。

背骨(せぼね)に問題がある腰痛(ようつう)の場合、まずは整形外科での診断結果と現在の症状を詳しくお聞きした上で、施術方針を決めていきます。
背骨(せぼね)に問題があるからといって、それだけが必ずしも腰痛(ようつう)の原因だとは限りませんし、同時に筋肉の緊張が見られる場合も多いため、筋肉を緩めることで症状が改善することはよくあります。
姿勢や生活習慣のアドバイスに加え、歩くことで痛くなる場合は、痛くならない歩き方も一緒に考えていきます。

足の付け根、ももの内側の痛み

足の付け根、ももの内側の痛みのイメージ

デスクワーク、車の運転など、座っている時間が長く、骨盤が前に倒れるような姿勢がクセになっていると、股関節を曲げる筋肉の大腿四頭筋が縮んで短くなってきます。

歩き始めなど、この縮んだ筋肉が急に伸ばされると、筋肉の付着部である足の付け根に痛みがでることがあります。

安井接骨院では…

安井接骨院では、縮んで短くなった筋肉と動きの悪くなった関節を調整し、骨盤や股関節の歪みをとっていくことで、痛みを改善します。
必要に応じて、痛みの出にくい歩き方の指導や、関節を痛めない為の筋力トレーニングもとり入れていきます。
また、必要に応じて痛み軽減のため鍼やレーザーを併用します。