交通事故・むち打ち症でお悩みの方へ
各院の診療時間・アクセス

頭・顔のお悩み

頭痛

頭痛のイメージ

頭の全体や一部にズーンと重いような痛みが続く場合は、首や肩のこりが強くなりすぎて、頭部の血流が悪くなることでおこります。
これを緊張型頭痛といいます。

安井接骨院では…

安井接骨院では、まず病院での検査をお勧めします。
頭痛(ずつう)は大事な何かを伝える信号ですのでまずお医者様にかかり、怖い病気がないのを確かめていただきたいのです。
そして原因が筋肉の緊張だったり、体の疲労、眼精疲労、頚椎のバランスの悪さであれば安井接骨院にお任せ下さい。
特殊な電気、レーザー、鍼灸、手技、調整など様々な方法であなたの痛みをサポートします。

目の疲れ・首のこり

長時間PCの画面を見つめることが多いと、まばたきの回数が減り、ドライアイになります。
急に視力が低下したときや、老眼も目を酷使するため、目の疲れの原因になります。
こういった方に共通して多いのが、頭が体よりも前に出てしまう姿勢がクセになっていて、首や肩のコリが慢性化していることです。

安井接骨院では…

安井接骨院では、筋肉と関節を調整して頭が体の上に乗るように背骨(せぼね)を整えることと、顔の表情筋の緊張を和らげ、全身の血流を良くすることで、「緊張→痛み→ストレス→緊張」という悪循環を絶ち、根本の原因から改善してゆきます。 

顎の痛み・口が開きづらい・顎関節症

顎の痛み・口が開きづらい・顎関節症のイメージ

口を開ける時に顎が痛い、朝起きた時に口が開けづらいなどの症状を顎関節症といいます。

ストレスなどにより、睡眠中に歯軋りなどの噛み締めをすることで、咀嚼筋(噛む筋肉)である咬筋、側頭筋が異常に緊張したり、顎の関節のクッションである関節円板が損傷することが原因となります。

安井接骨院では…

安井接骨院では、額関節の調整をいたします。
その後、額関節全体のバランスをとるため電気やレーザー、鍼灸等で筋肉のバランスを調整します。
病的なものやマウスピースの必要な場合は歯医者さんへの受診をお勧めします。

めまい・耳鳴りがする

めまいには、脳の障害による中枢性めまいと、内耳の障害による内耳性めまいがあります。
内耳性めまいでは難聴や耳鳴りを伴うこともあります。

安井接骨院では…

安井接骨院では、スーパーライザーという低エネルギー複合レーザーを使用し内耳やその周りの筋肉と血管の血流改善と筋肉をゆるめることを行います。この機械は体に害や痛みもなく複雑な内耳に直接働きかけれる唯一の機械です。
合わせて経絡療法や自律神経を調整することで回復を早めます。

顔の歪み

左右のどちらか一方でばかりものを噛むクセがあったり、立ち姿勢に左右差があったりすると、顎の噛み合わせに歪みが生じることがあります。こうした状態で長く生活することで、顔の表情を作る筋肉の緊張に部位によって差がでてきて、顔が歪む原因になることがあります。

安井接骨院では…

安井接骨院では、電気や鍼灸により選択的に顔の筋肉を緩めたり緊張させたりして顔の表情を改善してゆきます。