交通事故・むち打ち症でお悩みの方へ
各院の診療時間・アクセス

膝・足のお悩み

坐骨神経痛・ももの裏から足先にかけてのしびれ

坐骨神経痛・ももの裏から足先にかけてのしびれのイメージ

腰から出て、お尻、ももの裏、ふくらはぎを通って足先までを支配する坐骨神経。
この走行に沿って痛みやしびれ、重だるい感じがすることを坐骨神経痛と呼びます。
椎間板(すいかんばん)ヘルニアや、お尻の筋肉である梨状筋の緊張によって坐骨神経が圧迫を受けた場合に起こりやすくなります。

安井接骨院では…

安井接骨院では、神経圧迫の原因となる腰やお尻の筋肉に加えて、痛みの為に緊張して硬くなった太ももから足先までの筋肉を鍼や電気療法や手技等で緩めていき、坐骨神経を圧迫から解放して行く方向に持ってゆきます。

また再発しにくい姿勢、生活習慣のアドバイスをしています。
筋力低下を起こしたお尻の筋肉を鍛えるような体操の指導も行い、症状を改善、予防しています。

歩き出すときに膝が痛い

歩き出すとき、立ち上がるときに膝が痛くなり、膝の内側だけ痛い、正座ができないという症状は、高齢の方であれば変形性膝関節症の可能性が考えられます。

安井接骨院では…

安井接骨院では、筋肉の調整とともに、痛みのでにくい座り方、歩き方の指導もしてゆきます。
変形を今以上に進行させない為に炎症の強い時期には包帯固定したりします。
膝全体の安静と活動のバランスをとり膝が安定するように施術を行います。
必要に応じて患者様オリジナルのサポーターを作成し生活しやすいように保護します。

ふくらはぎがつりやすい

ふくらはぎがつる症状は、筋肉が縮んで固くなったまま戻せない状態の事です。
これは、突然の運動による筋肉疲労などや、水分やミネラル不足、冷えが原因等で起こります。

安井接骨院では…

安井接骨院では、硬くなって血流の悪くなった脚の筋肉を中心に、全身の筋肉と関節を調整し、体の歪みを整えることで血流を良くし、症状を改善してゆきます。
また再発予防のために細胞を活性化させる電気や鍼などを施します。

足の裏の痛み、ふくらはぎがつる

足の裏の痛み、ふくらはぎがつるのイメージ

足の裏がすごくだるい。朝起き掛けにかかとの内側が痛む。
これは足の裏のアーチを支えている足底腱膜に炎症がおきている可能性があります。

安井接骨院では…

安井接骨院では、細胞を活性かさせ炎症を抑える電気とレーザーや鍼で足全体の筋肉の張りを緩め全体を調整します。
硬くなった脚の筋肉を中心に、全身の筋肉と関節を調整して体の歪みを整えます。
ふくらはぎのストレッチ、トレーニングなどもとり入れ、治癒を早めて再発の予防を目指します。
症状に応じて包帯固定やテーピングをすることもあります。

足が冷える(冷え性)・足がむくみやすい

一日中PC作業をしていたり、立ち仕事をしていると、足がむくんで夕方靴がきつくなる事はありませんか?
また、外は暑いのにすぐに足が冷え(冷え症)ませんか?
これらの症状は「血行不良」という同じ原因から来ている事が多いです。

安井接骨院では…

安井接骨院では、全身の筋肉と関節を調整します。
特に、脚の付け根や太ももの前の筋肉は硬く短くなって鼠径部を圧迫していますので、リンパマッサージなどで通りを良くし、足先まで血流が良い状態にしてゆきます。
また電気で筋肉を動かし血行を促進したり、安井接骨院独自の食事療法など必要に応じて併用いたします。

O脚

足を揃えてまっすぐ立った時に、膝の間に隙間がある状態がO脚と呼ばれています。

安井接骨院では…

安井接骨院では、O脚でいるために硬くなった殿部、大腿部、腰背部を中心に筋肉と関節を調整し、膝がまっすぐ前を向けるようにしてゆきます。自分で意識できる姿勢のとり方と、脚の内側の筋力をつけるための体操も取り入れ、O脚の改善を目指します。