交通事故・むち打ち症でお悩みの方へ
各院の診療時間・アクセス

首・肩のお悩み

肩こり

肩こりのイメージ

頭や肩が体よりも前に出る姿勢がつづいたり、ストレスなどで肩に力が入ってしまうことで、首や肩の筋肉は緊張して硬くなり、血流が悪くなります。これが肩こりの原因で、ひどく痛みを伴なったりします。

安井接骨院では…

安井接骨院では、特殊電気、鍼、マッサージ、手技などで、筋肉、関節、神経を調整し全身調整することで、「ストレス→緊張→痛み→ストレス」という悪循環を絶ち、根本の原因から改善してゆきます。

ムチウチ(むち打ち)・頚椎捻挫

車での衝突事故などによる首への強い衝撃から、筋肉や靭帯が損傷することによっておこります。
また硬膜が損傷し損傷部位から髄液が漏れることにより髄液低下症になり、長引く不調の原因となります。

安井接骨院では…

安井接骨院では、第一に固定と安静をとります。
痛みを軽減し細胞を修復させる特殊な電気をかけ、包帯とコルセットで1週間安静をとります。
腫れや痛みが引いたら様々な方法で首や肩の筋肉の緊張を緩めていきます。
背骨(せぼね)の歪みも解消することで、慢性化した症状も改善してゆきます。

肩があがらなくなった

肩があがらなくなったのイメージ

肩が痛くて腕があがらない場合、五十肩(40肩)や関節包炎が考えられます。

肩関節の周囲の軟部組織に炎症が起こるのが痛みの原因ですが、炎症は1年程度で自然消失します。

安井接骨院では…

安井接骨院では、徒手検査によって痛みの原因を探し、五十肩であれば痛みのない範囲で積極的に動かしていき、併用して鍼や電気、レーザー治療などで筋肉をゆるめ、血流を良くすることで治癒までの間を楽に過ごせるようにしてゆきます。

別の原因による場合は、傷めている部分の固定や保存を行い回復後に血流と関節の動きを良くしてゆきます。
動かす方向、範囲などは注意が必要ですので、まずはご相談下さい。

左右の肩の高さが違う・猫背だといわれる

「姿勢が悪い」「体が歪んでいる」などと注意された事はありませんか?
左右の肩の高さや筋肉の付き方、関節の固さの違いが気になるようであれば、体に何らかの左右差が存在すると思われます。
また、スーツが着こなせないと感じたり、自分の姿勢に自信がない方には猫背の人も多いようです。

安井接骨院では…

安井接骨院では、まず全身の骨格、筋肉のバランスをみて、どのような歪み・アンバランスがあるのかを具体的にチェックします。次に、硬くなった筋肉と関節を調整して歪みをとり、背骨(せぼね)をまっすぐにしてゆきます。
さらに、また同じような姿勢に歪んでしまわないように、自分で気をつけることのできる姿勢や体操の指導も行い、歪みのない、バランスの良い体作りをしてゆきます。